善玉菌 オリゴ糖 ビフィズス菌

オリゴ糖で善玉菌を増やしてウンチを柔らかくする|腸内環境を改善

バナナや大豆、母乳には便秘解消に効果がある成分が含まれています。その成分がオリゴ糖です。オリゴ糖は消化吸収されずに大腸まで届き、ビフィズス菌のエサになり、ビフィズス菌を増やすことが出来る糖分です。

 

 

ビフィズス菌は善玉菌の1つです。大腸の中の善玉菌が増えると大腸の働きが良くなるので、排便がスムーズになります。

 

 

オリゴ糖は色々な食べ物に含まれていますが、ほんの少ししか入っていません。なので、食べ物から必要な量を取るのはなかなか難しいです。特に、子供は好き嫌いもあるので難しいです。

 

 

そこで便利なのが、スーパーや薬局で売っているオリゴ糖です。シロップ状の製品、粉末の製品の2種類があります。このオリゴ糖をミルクやジュース、ヨーグルトなどに入れてあげてください。

 

 

ちなみに、シロップ状のものはスーパーでも売っていて、ガムシロのようなので気軽に使うことができます。ただし、シロップ状にするためにオリゴ糖以外の成分(砂糖など)が入っています。

 

 

粉末のものはスーパーでの扱いは少なく、薬局で購入できます。(インターネット通販でも購入できます。)見た目は真っ白い粉なので、薬のようで使い始めはちょっと抵抗感があります。しかし、オリゴ糖以外に余計な成分がほとんど入っていないので安心して使えます。

 

 

また、余分な甘さも無いので料理に入れても味をほとんど変えません。飲みのもに入れるときには、甘くならないので入れすぎに注意してください。