食物繊維 ウンチが硬い 野菜

食物繊維を食べさせると便が硬くなる|食べさせ方が間違っているのかも

便秘解消に効果のある食べ物と言えば食物繊維がたっぷり入った野菜を思い浮かべる人も多いかと思います。確かに、食物繊維は便秘解消に欠かせない栄養素ですが、間違った間違った食べさせ方をしてしまうと症状を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維という2種類があります。この2種類の食物繊維をバランスよく食べさせることがとても重要になるので、その特徴と多く含まれる食べ物について知ることが大切です。

 

 

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、キャベツやごぼう、さつまいも、大豆などに多く含まれる栄養素です。不溶性食物繊維は、その名のとおり水に溶けません。その代わり、水を吸収すると何倍にも大きく膨らみ、ウンチのカサを増やしてくれます。

 

 

ある程度ウンチのカサが増えると、大腸が刺激されて便意が起こり、大腸の動きが活発になって排便が促されます。食が細い子供にとっては、高い効果が期待できる栄養素です。

 

 

ただ、不溶性食物繊維ばかりを食べさせていると、逆にウンチが硬くなってしまうこともあるので注意してください。しっかりと、水分や水溶性食物繊維を一緒に与えることが重要です。

 

 

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、わかめやひじきなどの海藻類、果物に多く含まれる栄養素です。。水溶性食物繊維は、水に溶けてゼリー状になります。この性質により、ウンチに含まれる水分を増やして、柔らかくして、滑りも良くします。水溶性食物繊維は、たくさん食べさせてもウンチが硬くなることは無いので、たくさん食べさせてください。

 

 

果物は食べてくれると思いますが、海藻類を食べさせるのって意外と難しいとおもいます。そこで、お勧めの料理がひじきの炊き込みご飯です。うちの子はひじきだけでは食べませんでしたが、炊き込みご飯にしたらバクバク食べてました。

 

 

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の与える割合は、2:1が理想的です。ただ、これはあくまでも目安です。不溶性食物繊維は、野菜や根菜類など身近な野菜にたくさん含まれているので食べさせるのは意外と簡単です。なので、水溶性食物繊維を意識的に食べさせるようにしたほうが良いと思います。

 

 

食物繊維の効果を上げる方法

食物繊維を食べさせても、そもそも大腸の動きが鈍くなっていては、しっかりと効果を発揮することが出来ません。食物繊維で十分な量のウンチ、水分の多いウンチを作り、活発に大腸が動くことで、排便がスムーズになります。

 

 

大腸の動きに大きな影響を与えているのが、大腸の中に住んでいる腸内細菌です。腸内細菌には善玉菌と悪玉菌がいるのですが、善玉菌がたくさんん住んでいる大腸は動きが活発になります。