浣腸 やり方 子供

子供に浣腸をするときのポイント|少しでも楽にしてあげるには

浣腸をするときは、まず浣腸を容器ごと40度くらいのお湯に入れて温めてください。体温くらいに温めることで快適にしてあげることができます。浣腸をお湯から取り出して、指で浣腸が温まったことを確認してください。

 

 

床が汚れてしまうことがあるのでタオルやビニールシートを敷いた上で浣腸すると良いです。また、浣腸した後はトイレを我慢させないといけないので、浣腸の前におしっこをさせておいてください。

 

 

タオルやビニールシートの上に寝かせます。左側を下にして横向きに寝かせ、膝を抱えるような姿勢にさせてください。この姿勢はお腹に力がかかることを防げます。

 

 

立ったままでお尻を突き出した姿勢は、お腹に力が入ってしまうので避けてください。浣腸をした後は、薬の効果を高めるために、トイレを我慢しなくてはいけません。なるべくお腹に力が入らない姿勢にしてあげてください。

 

 

浣腸のキャップをはずし、先端にベビーオイルやオリーブオイルをつけて滑りを良くします。肛門に、浣腸の先端が隠れるくらいまで入れます。入れるときに口を軽くあけて「あ〜」と言わせると入れやすくなります。

 

 

少しずつ容器をつぶして、液を入れます。容器をギュッとつぶして、一気に液を入れてしまうとその刺激で、子供がいきんでしまい液が出てしまいます。ゆっくり液を入れてあげてください。

 

 

入れる液の量は、年齢によって違うので説明書をよく見てください。1歳以上であれば1本だと思います。もちろん子供用浣腸です。

 

 

液を入れ終わったら、ゆっくり容器を引き抜きます。そのままの姿勢で、ティッシュで肛門をおさえます。すぐにウンチをしたくなると思いますが、浣腸の効果を高めるために出来るだけ長い時間我慢させてください。

 

 

どうしても我慢できなくなったら、トイレに連れて行ってください。そのとき、どれくらいウンチが出たか、子供の様子、おなかの張り具合などを確認してください。

 

 

お腹の中にウンチを長い間溜め込むのは体に良くありません。なので、どうしても出ないときは浣腸に頼ることも大切です。浣腸はクセにならないとも言われますが、薬に頼らずに排便できるのが理想ですよね。

 

 

自然な排便をするためには、うんちが柔らかくなる、腸内環境が改善する食生活が重要です。食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖などが効果的です。