下剤 子供 不安

子供に下剤を使うのは不安|まずは便を排泄させることが重要です

子供の便秘は、軽いものであれば食事に気をつけてあげればすぐに良くなります。しかし、便秘を放置してしまい悪化させると、なかなか良くなりません。ウンチが硬くなるため、ウンチをするときに肛門が痛くなったり、切れて血が出てしまうことがあります。

 

 

すると、子供はウンチをすることが怖くなってしまい、ウンチを我慢してしまうことがあります。すると、ウンチはますます硬くなり、痛みも強くなり、さらに我慢、そして便秘が悪化という悪循環に入ってしまいます。

 

 

こうなってしまったら、食事だけではどうにもなりません。下剤を使ってウンチを柔らかくして、排便の痛みを防ぎ、ウンチを出させるしかありません。痛みが少なく、ウンチが出てスッキリ出来れば、排便はすっきりして気持ちが良いものだと理解してくれます。

 

 

下剤は副作用やクセになることがあるので、使いたくないと思っているかもしれません。確かにどんな薬にも副作用はありますが、それ以上にウンチをお腹の中に溜め込んでいるほうが、よっぽど体に良くありません。

 

 

また、子供用の下剤は効き目も穏やかで体への負担が少ないので、正しい使い方をすれば問題ありません。ただし、独自の判断で下剤を選ぶのではなく、必ず小児科の先生に相談し、処方してもらった下剤を使ってください。

 

 

子供が処方される便秘薬(下剤)は、マルツエキス、酸化マグネシウム、ラキソベロンなどがあります。

 

小児科で処方される下剤

マルツエキス

糖分には、ウンチを柔らかくする作用があります。その作用を利用したのがマルツエキスです。古くから使われている便秘薬です。サツマイモから作られる麦芽糖を主成分としているので、体への負担はほとんどありません。水あめ状の薬で、水に溶かしたり、スプーンでそのまま飲ませます。

 

 

酸化マグネシウム

この薬も古くから使われています。酸化マグネシウムは、腸の中に水分を引き寄せる作用があるので、飲ませるとウンチに含まれる水分が増えて、柔らかくなり、膨張もします。

 

 

すると、大腸が刺激されるので、動きが活発になります。また、水分が増えて滑りが良くなるので、排便がスムーズになります。始め飲ませるときは1日に1回食後に飲ませます。効果が無いときには、2回、3回と飲ませる回数を増やしてください。

 

 

ラキソベロン

酸化マグネシウムでも治らない頑固な便秘に対して使います。ラキソベロンは、大腸を刺激して、動きを活発にさせて排便を促します。液状の薬なので、水や麦茶などに数滴たらして
飲ませます。

 

 

症状に合わせて2滴、3滴と薬の量を調整してください。寝る前に飲ませると効果的です。