ヨーグルト 子供 食べさせ方

ヨーグルトは食べさせても大丈夫?|乳酸菌で腸の動きを良くする

ヨーグルトには、便秘解消に効果的な乳酸菌がたくさん含まれています。乳酸菌が腸内にたくさんいると、腸の動きが活発になり、便秘が解消されます。ただし、体の外から取り入れた乳酸菌は腸に住み付かないので、常に取り続けることが必要です。

 

 

ヨーグルトは小さなお子さんにも食べさせることができます。ヨーグルトは、柔らかいので離乳食を始めたころから食べさせることができます。ただし、気をつけなくてはいけないこともあります。

 

 

ヨーグルトを子供にあげるときは、砂糖の入っていないプレーンヨーグルトを選んでください。砂糖が入っていると虫歯になってしまう可能性があります。また、甘い味に慣れてしまうと、薄味の物を食べなくなってしまうことがあります。

 

 

プレーンヨーグルトだけでは、酸っぱくて食べてくれないこともあります。そんなときは、すりつぶしたフルーツや砂糖を使っていないジャムなどを加えてみてください。

 

 

また、ヨーグルトによってはハチミツが含まれている商品もあります。ハチミツは1歳以下の子供には食べさせてはいけないので気をつけてください。