快便 朝食 トイレ

子供を快便にするには朝の習慣が大切|夜からしっかり準備

快便にしてあげるためには、生活習慣と食生活に気をつけてあげることが重要です。生活習慣と食生活が乱れていると、大腸の動きも乱れてしまい便秘になってしまいます。

 

 

大腸は、腕や足と違い、私達が意識しなくてもしっかりと動いてくれています。これは私達の自律神経という神経がコントロールしているからです。しかし、自律神経は生活習慣が乱れてしまうと、動きが狂ってしまいます。

 

 

すると、大腸の動きも狂ってしまい、動きが鈍くなったり、逆に激しくなってしまいます。動きが鈍いときは便秘で、激しく動きすぎているときは下痢になります。

 

 

また、何を食べさせるかによって便の硬さが変わり、腸内環境も変わります。

 

 

一日の始まりが重要です

生活習慣を整えるために大切なことは、まずは起きる時間です。毎朝同じ時間に起こしてあげてください。起きる時間が日によって異なると、体内リズムが狂ってしまいます。起きる時間を同じにするためには、寝かしつける時間を毎日同じにする必要があります。

 

 

起きたら朝ごはんをしっかり食べさせてください。朝は大腸の動きがもっとも活発になる時間なので、この時間にしっかりとご飯を食べさせることは、便秘解消にはとても大切なことです。

 

 

朝ごはんをしっかり取らせるには、十分な睡眠が必要です。寝不足では食欲が出ないので、早めに寝かせてください。また、寝る直前にご飯やおやつを食べさせるのも避けてください。朝になってもお腹が空かないため、朝食を食べないことが良くあります。

 

 

朝ごはんは、パンやお米だけではなくて、食物繊維やビタミンがたっぷり入った野菜や果物をあげてください。細かく切った果物が入ったプレーンヨーグルトは便秘解消に効果的なので、お勧めです。

 

 

食生活についてはこちら

 

 

朝ごはんが終わったらトイレに座らせてください。便意がなくても、出なくてもいいのでトイレに座らせてください。毎日続けることで、体内に自然と排便リズムが生まれ、排便しやすい体になっていきます。

 

 

このように便秘解消のためには、朝はとても大切な時間です。しかし、朝は何かと忙しいものです。そこに子供がなかなか起きなかったり、こばんを食べなかったり、歯を磨かないなどでイライラしてしまうことがたくさん起こりますよね。しかし、大人がイライラしてしまうと、子供はストレスを感じます。

 

 

ストレスは自律神経に悪影響を及ぼすので、大腸の動きを乱す原因になります。ママ、パパが少し早めに起きて余裕を持って過すことも、子供の快便には必要です。